当園について

子ども達ひとり一人が、主体的に活動できるように、その子の考えを大切にし、自分の力で行動できるように援助していきます。

  • 教育方針
  • 概要
  • 採用情報

教育方針

健康でたくましい子に育てます
元気で明るい日々を過ごせるように、健康な体作りをします。
その中で、毎日の生活習慣を身につけていきます。
豊かな心を育てます
友達と仲よく生活できる気持ちを大切にします。
その中で、思いやりや感謝の心、そして、美しいものに感動する心を育てます。
考える力・やり遂げる力を育てます
自立性を高めるために、自分で考え、自分で行動しようとする心を大切にします。
その中で、頑張ることや友達と協力し合うことや自分から進んで行動する気持ちを育てます。

吉田幼稚園 概要

法人名 学校法人 安藤学園
園名 吉田幼稚園 (よしだようちえん)
理事長 安藤 裕幹 園長 安藤 正法
所在地 〒310-0836 水戸市元吉田町一里塚東1977-34
連絡先 TEL:029-247-5556  FAX:029-247-5953
学級数 認可 12学級 園児数 定員 420名
宅配給食 あり 弁当 あり
通園バス あり 制服 あり
後援会 あり 土曜預かり 休止中
土曜休み あり 満3歳児入園 あり

預かり保育

■早朝 7:30~
■保育終了後 14:00~18:00
■土曜日 休止中

子育て相談

月~金曜日/随時

採用情報

    現在、採用は行っておりません。

先輩の声

安藤有紗【8年目】茨城キリスト教大学
吉田幼稚園では「愛」を大切にしています。
幼稚園は初めて子どもたちが集団生活を味わい成長する場であり、将来、大切な身に付けなければいけないことがこの幼児期に身に付くと言われているほど重要な時期にお子様をお預かりすることは、私たちにとって責任のあることだと思っています。だからこそ、子どもたちにとって大切な意味のある園生活が送れるよう工夫しながら保育にあたっています。その中で1番大切にしていることは「愛」です。子どもたちの成長の中で愛情を持って接することを重要とし、子どもたち1人ひとりをありのまま受け止め個性を大切に守りながら集団生活が送れるようにしています。保育者と信頼関係を築く中で子ども自身が自分を信じ、自分らしい歩みができるように子どもたちの背中を押してあげることが私たちにとって重要な役割だと思っています。子どもたちと喜びや悩みを分かち合う中で「その子にとって大切なこと」の心を中心に考え愛情をもち共に歩んでいきたいと思います。
宮永栞【8年目】常磐短期大学
私は吉田幼稚園で職員の「和」を大切にしています。
日々、子どもたちにたくさんのことを教え、心を育てていく上で、まずは自分たちが協力し合い、お互いのことを思いやることが大切だと思います。それは自分たちが頑張れることで子どもたちにとってより良い環境を作ることができるからです。時に職員同士で意見が違ったり、失敗をしたりしてしまうこともあります。その時に、相手の意見を受け入れたり話し合いをして分かり合う努力をしています。そして誰かが失敗をしてしまった時には厳しい言葉をかけることもありますが、共に助け合い、次へと生かしています。みんなで同じ方向へ向かって取り組むことの難しさは日々感じていますが、仲間の大切さを感じた今、職員の「和」はとても大切だと思います。そして私は本当に温かい人たちに囲まれ、人に恵まれているなと感じています。
兼山奈穂美【6年目】茨城キリスト教大学
これまで年中児・年長児クラスの担任をすることが多く、遊ぶ時は遊び、やる時はやるというメリハリのある保育をしてきました。
昨年、未就園の2歳児コースの担任と発表された時は“自分には小さい2歳児クラスは向いてない、合わない”そう思っていました。
入園当初の4月は保護者様と離れることが寂しくて涙を流す子供たちにどうしたら安心できるのか、どうしたら泣かずに笑顔ですごせるか考えてもうまくいかない日々にやっぱり向いてない、合わないなとそれだけで思っていました。身支度を整えることやトイレトレーニング、友だちとの関わり方など子どもたちにとって初めての事がたくさんあり、毎日一緒に繰り返し繰り返し行い、教えることは大変で時間はかかりますが、初めて保育者の手を借りずに1人でできた時には「できたね!!!」と一緒に喜びました。できるようになったことが増えて一緒に喜び合う日々がとても楽しくなり、もっと成長を喜び合いたいと思えるようになり、いつの間にか向いてない、合わないそんなことは気にすることもなくなりました。運動会・発表会では2歳児コースならではの可愛らしい一生懸命な表現も見ることができ、同時に4年後この子どもたちが年長になった時のピシッとした凛々しい姿を想像してこれからの成長が更に楽しみになりました。 『母性本能』これは園長先生にずっと言われてきた言葉で、自分にはないではなく誰にでもある性質を生かして、自分に向いている、向いてない、合う、合わないではなく、 どの学年でもその楽しさ、良さを見つけながら子どもたちと絆を結ぶことが大切なのです。
木村奈月【6年目】聖徳大学短期大学部
吉田幼稚園は、今年で51周年を迎える長い歴史を繋いできた幼稚園です。その長い歴史の中には、様々な人が築き上げ関わり携わって下さったことで、今こうして私たち職員が大切な子供たちを迎え入れることが出来ています。そのように振り返ってみると、よりたくさんの人々に感謝の気持ちでいっぱいで身が引き締まる思いです。
51周年は私にとって挑戦の年だと思っています。
子供のことを想い、暑く語り合ったり、厳しさの裏に優しさがあったり、年齢やキャリアに関係なく話し合えることが出来る職員同士の関係を子供たちのより良い環境の為に作っていきたいです。その為に、人を大切に想い、職員の気持ちを合わせ、吉田幼稚園という大きな扉を開き、更なる挑戦として新しい扉を突き進んで行きたいと思っています。
柏﨑愛理
子どもたち1人1人には、沢山の輝きを秘めています。私は、保護者の皆様からお預かりする大切なお子様たちをどのようにしたら、もっと楽しんでくれるのか?どんなクラスにしていきたいのか?日々考えています。私は、子どもたち全員が「幼稚園って楽しい!」「お友達と一緒にすごすのが楽しい!」と思ってもらえるのはもちろん、幼稚園生活の中で"目標に向かってみんなで協力する喜び”というものを、日々共鳴し合えるクラスにしていきたいと思っています。
その中には、基本的な生活習慣(挨拶や身の回りのこと)等が、出来てこそ、他のものがより活きてくると考えています。
広い視野をもちながらも、子どもたちの表情、感情をしっかりとくみとり、子どもたちと共にクラスを日々作っていきたいと思います。そして、何よりも、保育者自身が“楽しく”“笑顔を忘れない”ということが活気のあるクラスになる為にも大切ではないかと思います。私はこれからも、子どもたち1人1人と向き合いながら沢山の喜びを沢山の愛を子供たちに届け、より良いクラス作りに努めていきたいです。
竹内詩織
私は、お子様に寄り添える保育者になりたいと思います。お子様の少しの変化にも気づき、そっと手を差しのべられるよう、普段からたくさんのコミュニケーションをとりたいと考えています。
先生として子どもを引っぱっていくだけではなく、クラスの仲間の一員として辛いことや苦しいことには共に悩み考え、楽しいことも一緒に感じられるように生活したいです。また、できないこと、初めて挑戦することに不安を感じるお子様もいるため、毎日の生活の中で練習を重ね、諦めずに取り組めばできるようになること、できるようになることの喜びを伝えたいと思います。お子様の成長を近くで見ることができるため、挑戦すること、諦めないことの大切さ、またできる喜びを一緒に共有しながら、お子様のやってみようとする気持ちをのばせるようにしたいです。子どもだけでなく、私自身も子どもと生活する中で成長し、より目標に近づけるように努力したいと考えています。お子様の心を大切にお子様それぞれの良いところをのばしていきたいです。